2014年09月29日

喉が痛い、デング熱か?症状から考える。

デング熱が流行っているので自分は大丈夫なのか?
って心配になるひともおおいのではないでしょうか?

ですので、デング熱について知っておくと安心ですね。

デング熱に感染するとその潜伏期間は3日〜14日間
ほとんどのケースでは7日以内に発病するようです。

を媒体として感染するので蚊に刺されなければ
通常は感染しません。


【症状は三段階】
発熱期」「回復期」「重症期」3つの段階に
分けられて「回復期」→「重症期」に移行すると
危険な状態になるため早い段階でしかるべき処置をとるようにします。

喉」に痛みがあったら気にしてみましょう。

とは言っても喉の痛みというのはほとんどの病気で
おこってしまいます。

鼻血や口から出血があるようなら疑ってみます。

筋肉痛や背中の痛みなどがあります

また突然の発熱や頭痛も同時に起こるようなら
デング熱を疑ったほうがいいでしょう。

下痢や嘔吐を繰り返すケースもあるようです。

また発疹は熱が出てから4日~7日ほどで現れる
ことがあります。

こうした症状もデング熱特有と言えるかもしれません。

重症期」の症状は

かゆみが出て心拍数が遅くなる。

熱が下がった後に激しいかゆみが出た場合は
デング熱の疑いが強くなります。

また心拍数が遅くなり数週間の疲労感が続く
ケースも多くあるようです。

デング熱見極めポイントとは?

デング熱見極めのポイントは急な発熱のその痛み、
また筋肉痛や背中の痛みがあった場合、熱が下がった後に
激しいかゆみが出た場合はすぐに医療機関にいく事です。


またすべての医療機関ではデング熱の検査
できるわけではありません。

舛添知事は8月29日の定例会見でデング熱に関して
すべての病院に検査キット必要」と発言していますが、
その「検査キット」はまだ行き渡っている訳では
ないようです。

2014年度中は難しい見通しとのことです。

デング熱検査は血液の抗体を調べる事で判定ができます。

最近では抗体検査が出来る「抗体検査キット
などもネットから入手出来るようになっています

が、かなり品薄という状況のようです。

しかし、ご安心ください。

ここで手に入れることができます。




デング熱セルフ検査キット

病院に行くのも面倒だし、ほかの病気を
うつされたくないし。

でも心配だ。

そんな時は自分で調べることができる
検査キットがあると便利です。

少しでも不安がある場合は調べておきましょう。



posted by みみー at 19:07| 感染病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする